辛い所はもとより、体をトータルで考えて根本治療を目指します

治療院ブログ

産後の骨盤矯正をしないとどうなるの?

2022年9月12日 (月) 08:31

こんにちは札幌市東区で産後骨盤矯正専門

栄町てとり整体院の鳥居塚です。

今日は産後に骨盤矯正をしないとどうなるのかお話しします

産後、骨盤が正しい位置に戻らず歪んだまま過ごすと

筋肉、関節、内臓などが動かしずらいままになり

だんだん体が硬くなります

そのことにより体にいろいろな不調が表れてくるのです。

大きく分けて3つあります


① ぽっこりお腹がもどらない原因になる

出産後に骨盤矯正をしないとぽっこりお腹が戻らない状態になります

妊娠中は赤ちゃんがお腹の中にいるのでお腹まわりの筋肉を使うことができないし

内臓が上がっている状態です

出産後内臓が下がってきますが骨盤矯正していない状態だと

内臓が下がりすぎて本来あるべき所に戻っていない状態です

産後の骨盤矯正することで妊娠中の使えなかったお腹の筋肉が使えるように

なったり内臓の位置が戻りやすくなることで、徐々にぽっこりお腹が

なくなっていきます

内臓が下がる、筋肉の機能などが姿勢のバランスを崩れることによりぽっこりお腹が

戻りずらいのが原因です


② 妊娠中からの不良姿勢で腰や肩こり、背中の辛さなどある方が多いと思いますし

出産後も腰痛、肩こりで悩む方も多いです

産後の腰痛、肩こりの多くの原因は産後きちんと骨盤矯正しないことが大きな原因です

骨盤矯正しないと骨盤の正しい位置にならずにいると骨盤のまわりの筋肉や

股関節に大きな負荷がかかっている状態が筋肉の緊張や疲労の蓄積によって

血行や栄養が行き届かなくなるため痛くなったりする

我慢していくと関節や神経に影響がいき坐骨神経痛やヘルニア、変形性など

辛い症状になる可能性もあります。


③ 骨盤が歪んだままの状態にしていると骨盤まわりの筋肉が硬くなり

正しい姿勢がとれず、歪んだまま固まってしまうことになりやすいです

骨盤は上半身を支える土台です

土台が歪むと骨盤の上に立つ背骨が歪んでいく状態です

体を家に例えると、土台が骨盤で背骨を柱にすると

柱がゆがむことで家が傾くことにより少しずつ窓やドアの枠が歪んで

年月が経つにつれ歪みがひどくなり崩れていく状態になります

体も同じ、骨盤、背骨が歪んでいくことにより肩こり、腰痛、膝痛など

いろいろ不調を引き起こす原因です。


産後でのお悩みいろいろありますよね

ぜひ栄町てとり整体院にご相談ください

最後まで読んで頂きありがとうございます。


☆産後の骨盤矯正の説明☆

(産後の骨盤矯正)←クリックして下さい

☆産後骨盤矯正を受けた方の感想や効果☆

(施術効果)←クリックして下さい

☆当院で施術を受けた患者さんの声紹介☆

(患者さんの声)←クリックして下さい

☆ご予約☆

(初めてのご予約の方)←クリックして下さい

カテゴリー: 産後骨盤矯正の効果

web予約はこちら

栄町てとり整体院

【住所】 札幌市東区北42条東17丁目2-1 第2ラフォーレ大西 1階
【アクセス】 札幌市営地下鉄東豊線「栄町」駅 徒歩2分
【診療時間】 平日10:00~17:00 土日祝18時まで ※予約制
【休診日】 火曜日、他

011-299-8423

ブログカレンダ−

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お知らせ

2022.10.30
11月のお休みは毎週火曜日と7日(月)がお休みです NEW
2022.10.2
10月のお休みは毎週火曜日の4日、11日、18日、25日です
2022.9.24
9月28日水曜日はお休みさせて頂きます 宜しくお願い致します


ページの先頭へ戻る

gotop